意外にニーズの高い市民農園!広範囲で土木工事が大きく必要になる社会インフラ整備!

日本の農業は新規就農について非常に興味のある人間も多いのですが、その反面で既存就農者が新規就農者に対してフォローがなかなか出来ていないと言う現状もあるでしょう。そんな中で、就農経験の無い一般人が農業という産業分野とその面白さを理解するために市民農園が注目されているのです。

市民農園は一般的に自治体がまとまった遊休農地などを借り上げて、レンタル農園として小さな区画を市民に安い料金で貸すものです。そこではいろんな農作物を自分で作っても構わないので、多くの市民に人気がある訳です。最近は自治体も社会インフラ整備の一環として、市民農園の更なる拡充を目指すところもあります。

市民農園の趣旨はあくまで趣味として農業を楽しんでもらおうと言う意味合いが強いですが、同時に将来における新規就農者の掘り起こしを進めると言う目的も併せ持っています。しかし、市民農園はあまりにも点在していては機能せず、土木・建設工事業者による開発が必要になることもあるでしょう。

太陽光発電

二酸化炭素を出さない発電方法として注目されているのが太陽光発電なのですが、太陽光発電は業者で使用する場合もあれば、自宅で使用する場合もあるので、ぜひ導入したいと考えている人もいます。少し前までは補助金もかなり優遇されていたので、導入する人もたくさんいました。

現在でも売電が可能になっているので、導入したいと検討している人もいるのですが、太陽光発電の工事は太陽光パネルを購入した業者で行う場合や、土木工事業者で行う場合などいろいろとあります。ただし、太陽光発電の機械は電気工事になるので、一般的な建設工事や土木工事とは異なる面もあるでしょう。

そのため、実際に太陽光発電の設置工事経験が豊富で、知識や技術をきちんと持っている業者に依頼しないと、後でトラブルが発生する原因になります。実際に太陽光発電のパネルを設置した後で、雨漏りが発生したという事例もあるのです。太陽光発電の工事を行う場合には、きちんと情報収集をしてから業者を選びましょう。

将来の日本に必要なのは海外からの観光客を含めた利用者にも多く活用される社会インフラ整備!

国自身が観光立国としての存在を掲げている日本。現にアジアでは他の国々を差しおいて圧倒的な集客力を誇ります。それは多くの外国人がこの小さな島国がどうやってこれほどの経済規模を維持しているのか、他の国の常識では想像もつかない魅力的な世界が日本にはあるからでしょう。

しかし、日本における社会インフラの整備に関しては、整備後の活用状況が極めて悪いところも少なくはありません。空港や港湾などは典型的なケースと言っても過言ではなく、一部の施設には多くの人が集まりますが大部分の施設では維持費を捻出するたびに赤字になることもあります。

日本ではこれほど多くの観光客に恵まれているのにも関わらず、この観光客が利用できるような社会インフラの整備が上手になされていないと言えます。そのため、1つの重要な財源で構築される社会インフラは観光客利用のコンセプトを徹底的に生かして整備されなければなりません。これにより、建設工事業者自体もより良い活用のための提案が幅広く求められるのです。

道路建設工事

土木工事の基本と言えば、やはり道路工事でしょう。道路を工事する理由はいくつかあるのですが、渋滞解消や再開発で新しい道路を建設することもあります。新たに道路を作る場合には、まず土地の確保が必要になります。既に使用されている土地を買収し、土地を確保してから整地を行い、それから工事が進められるので、かなり時間がかかることも珍しくはありません。

工事が開始されれば比較的スムーズに進むことが多いのも道路工事の特徴だと言えるでしょう。昔は狭い通りであってもどんどん作られていましたが、現在では広い通りが中心となっています。特に自転車と歩行者を分けて通行させるような道路が最近増えていますし、車道も広くなっていることが多いので、車も走りやすくなっています。

ナガヤス工業という会社が埼玉草加にありますが、ナガヤス工業でも道路建設工事を行っています。公共工事を中心に扱っている会社で、評判も高いようです。安全・快適な街づくりを行う会社が日本は多くて安心です。

道路工事は土木工事の基本ですし、社会インフラ整備を行うにも欠かせないので、今後も新しく道路が建設されていくでしょう。新人の社員が作業を覚えるのに最もふさわしい工事と言っても過言ではありません。

建設工事の社会インフラ整備に大いに役に立っているプレハブ。作業員の確保に重要!

住宅建築に関わらず、非常に様々なニーズで進められるところの多い社会インフラ整備ですが、一般的に施工は長期に渡って行くことも少なくありません。そのため、土木工事や建設工事を進める業者にとっては、そのスタッフの人材確保が何よりも重要であると同時に最も頭の痛い問題なのです。

その中でいかにプレハブを用意できるかと言うことは、施工人材をきちんと確保するためのとても大事なことになります。特に最近は震災需要も多いですし、同じ社会インフラ整備にしてもアジア圏でのプレハブ需要が極めて大きくなっているでしょう。そのため、多くの土木工事や建築業者はスタッフのための飯場を確保するために大変苦労するようです。

飯場は工事スタッフにとっては住まいになりますので、健康状況が原因で施工ミスになれば顧客だけでなくて自社の信用にも関わって行きますのでプレハブなどの準備はどの業者も抜かりがないと言う分けです。多くの業者が良質なインフラのために工夫を行っているでしょう。

建設工事による社会インフラ整備によって得意分野の施工レベルを向上させられる!

日本における土木工事や建設工事業者の立場から見ますと、大規模な工事であることも多いので基本的には長期的に工事を進めて行くことになります。例えば河川の工事や水道管の敷設、そしてダムの工事など水の絡んだ社会インフラ整備においては工程のその都度施工品質を確認して行かないと、出来上がってしまって一気に確認すると思いもがけない施工ミスが出ることもある分けです。

しかし、地場業者としての建設工事業などは、このような社会インフラに関する工事を多く受注してきた実績もあるので施工レベルは非常に高いことでも知られています。それは逆に言うと、建設工事業者もそれぞれの社会インフラにおける得意分野について、その施工を通じて自然にレベルアップが図られていることになるでしょう。

どんな施工業者も創業当初から優秀な施工ノウハウを身に着けている訳ではありません。社会インフラ整備は各エリアの建設業者を自然と育成する性質を持っていると言えます。

埼玉県草加市のナガヤス工業は地元で高い評判と実績で裏付けられた社会インフラ整備事業を担う土木・建設工事会社です。ナガヤス工業は昭和51年創業なので、約40年の歴史があるわけです。得意分野も広く、施工レベルも高いことで知られています。

土木・建設工事の中でも意外に多い社会インフラ整備は漁港の局部改良工事!

海に囲まれた日本は水産資源が非常に多いことで知られていまして、日本全国を見渡せば名だたる漁港が多く存在しています。しかし、漁港と言うのは規模の大きいものばかりが注目されがちですが、実は日本全国にはそれぞれのエリアで地元民に一定の漁獲量を提供できる小規模な漁港も数多く存在しています。

しかし、大きめの船舶が入港できる深さと停泊機能を有していないために、一定以上の漁獲量を確保することが非常に困難な状況も多くなっているのです。この場合も社会インフラ整備として漁港の拡張が行われることもあって、いわゆる局部改良工事事業と言う名称で進められることが多くなるでしょう。

この事業は地方における水産資源の増加を目的として、魚が生育しやすいような漁場環境の構築が含まれることもあります。すべての事業とは限りませんが、国の建設国債が活用されることも多く、地方経済の維持を目的とする社会インフラ整備事業としては意外に奥存在しているのです。

建設工事業界において社会インフラ整備を受け持つ意義とは?

建設工事業界における現状と言えば、個人需要と社会的需要のどちらにも対応することで経営を維持していることになるでしょう。それ故に各地方の地場の建設工事業は、毎年政府から一定の需要のある社会インフラ整備事業を請け負う意義は非常に大きいと言えるでしょう。

しかし、この社会インフラ整備について建設工事業者が請け負う意義の大きさはむしろ、地域の発展に自らが関わることが出来ると言う企業価値を高める部分になるわけです。もちろん、業者自身も費用を徴収して施工経験を積み上げていくことで、優秀な施工スタッフや職人を長期的に養成することが可能となります。

いわゆるゼネコン系の建設工事業は地域密着型の施工業者の力に大きく依存していますので、業界に詳しくない方は意外に思われるでしょうが非常に優秀で堅実な土木・建設工事業は地方にて非常に多く存在しているでしょう。また、最近は東日本大震災の影響もあって、耐震補強についても社会インフラ整備の1つに加えられるようになっているのです。

地方にある優秀な土木建設業者といえば、埼玉県にあるナガヤス工業があります。ホームページを見てみるとわかりますが、地元において様々な社会インフラ整備を行っています。ナガヤス工業ではたとえば、雨水貯水槽なども取り扱っているようで、Facebookでも紹介されています。先日は茨城の常総市などで大雨による被害が大々的に報道されたばかりですが、そういった災害を事前に食い止めるための設備の一つですね。

こういった地元産業を支え、かつ地元の人たちの役に立つ企業を知っていくのも良いことではないかと思います。

建設工事業者が住宅以外に社会インフラ整備にも役に立っている!

一般的に建設会社と言うと個人の住宅を建てるだけの存在のイメージが強くなりますが、実際は公共工事などを中心とした社会インフラ整備にも非常に多くの業者が絡んでいることになるでしょう。基本的に社会インフラと言うのは、社会全体の生活の維持に欠かせない非常に意味の広い施工分野と言えます。

一般的に道路・駅・河川・ダム・公共施設な住民の多くが共用するものについての施工になれば社会インフラと呼ばれることになりまして、各地域の地場の企業になりますとその地域の特性を熟知しているので多くの社会インフラ整備に関しては非常に多くの地方企業が役に立っていることも多くなるでしょう。

また、建設工事業者も施工に関してはそれぞれの得意分野がありますので、1つのインフラアイテムについて1つの業者だけで解決すると言うのは基本的に無理なことなのです。よって、完成したインフラの随所に地方における建設工事業者の魂が潜んでいると言えますよ。

このブログについて

このブログでは、土木工事、建設工事、公共事業、社会インフラ整備などに関連する情報を紹介していくと共に、詳しくなることを目的としています。

ちょっとした情報、用語、ノウハウについて、情報発信する中で、これらの情報を覚えていきたいです。

よろしくお願いします!